遠心分離機
住本式清浄装置の遠心分離機は、水を使用しない「クラリファイア方式」です。
大きく分類して、「手動型」・「半自動型」・「全自動型」に分かれます。

基本的には濾過の前処理に使用しますが、比重差のあるスラッジを捕捉します。
手動型
 スラッジの清掃は、開放して除去。
 ○30P型:約300L/h(流量)
 ○60P型:約600L/h(流量)
 ○100P型:約1,000L/h(流量)
 スラッジ清掃方は、コチラ

 
半自動型
 スラッジの清掃は、付属のT型ハンドルにて
 掻き落します。
 ○60PA型:約600L/h(流量)
 ○100PA型:約1,000L/h(流量)
 ○200PA型:約2,000L/h(流量)

 スラッジ清掃方は、コチラ
全自動型
 タイマー設定で、一定時間毎に自動的に
 スラッジを掻き落します。
 ○100PFA型:約1,000L/h(流量)
 ○200PFA型:約2,000L/h(流量)
※ポンプ吐出量により流量及び処理量は、変動します。
スラッジについて
スラッジとは、燃焼時の燃えかす(スス)であったり、寿命となった添加剤の成分が不純物を
抱えこんで出来ます。
ご使用の油により、スラッジの状態もさまざまですが、レントイル装置(ディーゼル車用)で捕捉
されたスラッジ画像はコチラ

Copyright (C) 2009 Sumimoto Scientific Institute Co.,LTD. All Rights Reserved.